しわやたるみをどうにかしたい!【私が行って効果があった改善策】

しわやたるみをどうにかしたい!!

しわやたるみが気になる、どうにかしたい、とお悩みの方はいませんか?そのようなお悩みも改善策を実行すれば解決できます。そこで今回は、しわやたるみの改善策について私の体験談を交えながら紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。
私は30代になってからしわやたるみが気になるようになってきました。鏡を見ると20代の頃と比べて顔の輪郭がぼやけて老けてきたなとショックを受けたのです。

 

そこで私はなんとかして改善したいと考えました。年齢は関係なく肌の若さを取り戻せると信じていたのです。

 

私が行ったのはリンパマッサージとフェイスニング、そして、美顔器の使用です。美顔器を購入する前にリンパマッサージとフェイスニングを行っていました。時間は数分でやり方はネットや美容本から参考にして取り入れました。リンパマッサージやフェイスニングはわりとすぐに効果を感じたのです。顔が引き締まったような気がしました。

 

しかし、家事や仕事で忙しい毎日の中でリンパマッサージやフェイスニングを行うよりももっと手間や時間をかけずに効果を出したいと考えるようになったのです。

 

そこで購入したのが美顔器です。EMS機能がついていて自動で顔の筋肉を鍛えてくれるものを選びました。3分ほど美顔器を顔に使うだけでリフトアップされてしわやたるみが改善されてきたのです。

 

美顔器は初期費用はかかるものの、一度購入してしまえば長く使い続けることができて経済的です。しかも、エステに行ったような高い効果を得られるのです。私は美顔器を使用してからは見違えるほど肌が若返り、しわやたるみが気にならなくなりました。
ぜひ、肌悩みを抱えている人は試してみてください。

 

 

お顔のたるみに笑顔ニコニコ体操

40代に入り、今まで気にならなかった、あごの下のたるみや、口元やほうれい線のシワがだんだん気になりはじめました。

 

私がやっているシワ、たるみ対策は、まず一番大事なのは保湿です。毎日お風呂上がりにたっぷりの化粧水と乳液で保湿します。乾燥が気になる日は化粧水のシートパックをしてから乳液をつけます。

 

そして、寝るまえに毎日かかさずやっているのが、お顔の体操です。その名も笑顔ニコニコ体操。私がやっているのを見て、娘が名付けてくれました。
口角を上げて、歯が見えるぐらいににっこり笑顔を作って、目も大きく開けます。

 

ちょっと怖いですが、そのまま目を大きく開いたままで黒目をぐるぐると右回り、次は左回りと回します。
にっこり笑顔のあとは、右と左のほっぺを順番に膨らましながらお口を左右にキュッキュッと動かして口の回りに筋肉に刺激を与えます。

 

次は、あごを上にグーっと引き上げてあごの下を伸ばします。この時も最初の、口角をあげたにっこり笑顔でやると効果的です。
首の筋がくっきりと浮き出るぐらい、精一杯力むようにやるといいと思います。

 

毎日やるとあごの下のたるみがマシになって、お顔回りがかなりすっきりとしますし、ほうれい線も気にならなくなります。
簡単にできて、素敵な笑顔が作れるようになりますよ。

 

 

しわやたるみを改善する方法

見た目が老けて見える、しわやたるみで悩んでいませんか?
ここでは、しわやたるみを改善して若々しいつやがある肌を作る方法をお伝えします。

 

○しわやたるみ改善する成分
しわを改善する美容液の成分で、効果が期待できるのがビタミンCとレチノールです。
ビタミンCは潤い効果をキープできる、コラーゲンの生成を助けてくれる働きがあります。
レチノールは、肌のターンオーバーを正常にする作用があるのでコラーゲンを増やすことが可能です。

 

○乾燥対策
肌が乾燥すると、しわやたるみが目立つようになります。
保湿対策に適した成分がセラミドで、水分をため込んでキープする力がアップします。
肌が乾燥している方は、洗顔方法が間違っている場合も多いです。
油性のメイクを落とすためのクレンジングは、界面活性剤が多いので刺激が強く肌がつっぱたりかさつきます。
クリームやミルクタイプの、刺激が少ないクレンジングを使ってやさしくメイクを落としましょう。
洗顔料はしっかり泡立てて、摩擦が起こらないように洗いましょう。

 

○女性ホルモンを増やす
女性ホルモンエストロゲンは、コラーゲンを保ち潤いのありつやがある肌を守ってくれます。
大豆製品に含まれる、大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きをよくしてくれる作用があります。

 

 

スチーマーでシワたるみケア

40代になって、今までのように肌にハリがなくなってきました。何とかしなければと言う思いで始めたのが、スチーマーです。
私が使っているのはパナソニックのナノケアと言う商品ですが、とてもいいです。お勧めです。

 

特に気になってたのは、目尻や口もとのシワ、あごの下、目の下のたるみですが、スチーマーを使い出してから、だんだんお肌がぷるんぷるんになってきて、ハリが出てきて、シワが目立たなくなりました。

 

スチーマーを始めたのには理由があって、もともと敏感肌で、基礎化粧品でも合わないものが多くて、年齢肌用のべったりするような化粧水や美容液はとくにダメで、赤くなったり、吹き出物ができたりしてしまうんです。

 

化粧品では肌を良くすることができないので、スチーマーを使い始めましたが正解でした。
肌にハリが出てきたなぁと感じながら続けていると、キメも整って、脂っぽかった鼻やTゾーンもマシになって、毛穴が目立たなくなってきました。お化粧ののりもとても良くなりました。

 

お風呂上がりにスチームを当てながら、小顔体操も欠かしません。あごを上に引き上げて首筋を伸ばして、首とデコルテにもじゅうぶんスチームを当てます。
あごの下のたるみも毎日のケアでかなりスッキリしてきています。

 

 

クリニックで治療を行う

レーザー治療には3種類あり、真皮層のコラーゲンを長期的に増やして肌にハリをアップさせる方法です。熱により肌を引き締めてリフトアップする方法と、ターンオーバーを促進させる事で小じわを改善する方法です。

 

レーザー治療は細かいシワに効果があり、施術後も継続して行う事で肌の内部に作用していきます。ヒアルロン酸注射は、気になる部位に注射をしてシワやたるみを改善します。ほうれい線等の深いしわに適していて、注射を行った直ぐに効果が出ます。

 

しかしヒアルロン酸は数か月で体内に吸収されてしまうので、一次的に行う事に留めておきます。ボツリヌス・トキシン注射は、たんぱく質の一種であるボツリヌス・トキシンを注射して一時的に筋肉の動きを弱める事でシワをなくしていきます。

 

浅いシワが深くなるのを防げるので、おでこや眉間のシワ等に効果が発揮されます。注射して3から7日すると効果が現れてきて、半年程経つと少しずつ体内で成分が分解されて元の状態に戻ります。

 

高周波治療は、真皮層まで届く高周波を照射して熱を与えてコラーゲンを引き締めます。肌に弾力も取り戻してくれるので、施術後も継続して行っていけば効果が現れてくるようになります。

 

 

美容機器でシワをなくす

皮膚は日常のダメージから守るために、天然のバリア機能を備えています。このバリアは化粧水等に含まれている有効成分まで弾ませてしまい、セルフケアでは肌の奥まで成分が浸透しにくいです。

 

イオン導入であるとバリアを電気の力によって一時的に弱めていて、ビタミンCやプラセンタ等の美容成分を肌に直接補給が出来ます。シワやたるみやニキビ等が、気になる人にお勧めの方法です。やり方はパックをしながら、イオンを導入していきます。

 

超音波導入は超音波による微量な振動を真皮層に与える事で、皮膚に空洞化現象を起こしていきます。美肌有効成分を肌の奥に浸透させていく方法です。血液やリンパの流れが良くなり、新陳代謝を促して肌を深部まで活性化させていきます。

 

シワやたるみ等のエイジングケアの他にニキビやシミやくすみ等、色々な肌トラブルを改善に導きます。イオン導入と同じ機器を備えているクリニックもあるので、同時に行う事が出来ます。どちらの方法であっても、10から20分で施術が出来ます。

 

ダウンタイムはほとんどなくて、効果が持続する時間は長期です。美容外科であればどちらの施術も受けられ、費用はイオン導入の方が少し高めになっています。

 

 

【参考サイト】【ニッピの生コラーゲン】楽天で買ったスキンケアクリームナノアルファにびっくり!?