10代からこじわまみれ

10代からこじわまみれ

私は現在、21歳ですが、10代の時はみんなからは38歳のおばばと呼ばれています。元々シミやそばかすが出やすくニキビよりシミほくろの方が多い感じでした。高校2年の一番楽しい時期になるとシミとそれに伴い乾燥としっかりとしたしわが出てきました。

 

元々笑うとしわが出やすかったのですが、まさか10代でしわに悩むとは思わず驚きました。そして19歳の時にはすでに額には横三本の線が入り頬には斜めの線が入りました。どうしてこうなったのかわからず、正直悩み、結局病院に行きました。

 

そこで言われたのは、過度の乾燥肌であるとのことでした。額はかさかさで、時折粉が吹き、それと伴い線がまるで形状記憶かの様に三本しっかりと残っていました。そこで、私はまずシミ、そばかすを治す為、ビタミンをとりました。

 

またレモンをしっかりと顔にはり、レモンパックを始めました。そして、日焼けや保湿の為にアロエのクリームを使用していました。とにかくアロエが入っているものであれば何でも大丈夫です。そして、しわには毎日の顔の体操です。

 

できるだけ目を見開いたり、口元のしわは口の中からなぞるように舌でおしていくと良いです。また口元は一番しわができやすいので保湿も二倍する必要があります。乳液後はサランラップを口元におき保湿しています。そして最後はニベアをぬるとすごくよかったです。ぜひやってみてください。

 

 

いつまでもつるつるな肌でいたい!

女性の方は小じわやシミのことに関して敏感ですよね。今20代でもお母さんと同じくらいになった時にシミもしわもないきれいな肌でみんなから羨ましく思われたいですよね。

 

実は加齢でできるしわやシミはなんと全体の約2割なんです!驚きですよね?じゃあ逆に残りの8割は何からできるの?って思いましたよね。実はシミやしわのほとんどが紫外線からきているものなのです。

 

アメリカでトラックドライバーをしていた方は紫外線の影響で顔の半分にたくさんしわができてしまいました。皆さんこれはいやですよね。なのでこの時期は日焼け止めを全身に塗らなくてはいけません。

 

紫外線は少しは必要ですが手のひらに数分浴びるだけで十分です。また服装も白は紫外線を跳ね返すからと着ている方もいると思いますが、白は紫外線が通りやすいので服を着ていても日焼けしてしまいます。

 

逆に黒は紫外線を通しませんが、吸収してしまうので暑くなってしまいます。ですので一番よい色は黄色です。白に近いと跳ね返しますし、黒ではないので吸収しません。また目も日焼けするのをご存知ですか?

 

それが嫌で黒いサングラスをかけている方いますよね。でもそれは間違えです。色の濃いサングラスをすると視界が暗くなるので瞳孔がより開いてしまいめから吸収してしまいます。一番よい色はオレンジっぽい色です。透明でもuvカットできるのもあるのでそちらをお勧めいたします。