紫外線によるシミやたるみ

紫外線によるシミやたるみ

若い時にマリンスポーツばかりしていたことが影響してしまって、30代になってから、シミやたるみに悩まされることになりました。昔は日焼けをしても紫外線をあびても、ちゃんとケアをすれば、シミやたるみはおこらなかったんですけど、きっと皮膚に沈着してしまっていたものが、加齢によって表にでてきてしまったんだと思います。

 

調べるとやはり紫外線というのは、肌にすごく影響してしまうもので、ちゃんとUVケアをしておかないと後から、シミやたるみの原因となると言われています。紫外線をあびてしまったら、アフターケアをきちんとすれば、のちのちシミやたるみの予防にもなりますし、ちゃんとその年代にあった、スキンケアをすると改善したりします。

 

年齢によって肌の状態も全く違ってきますし、たりない成分も年齢によって違います。なので、きちんと自分にあったスキンケアをするようにしましょう。また、たるみというのは保湿がとっても大事になってきます。

 

加齢によって水分はすごく失われてしまうので、年齢を重ねたら保湿を意識してしっかりするようにしましょう。それだけでもたるみの予防をできると思います。私は保湿をメインにスキンケアを始めたらだんだんと肌の状態も改善してきました。

 

 

シワやたるみに効果的な化粧水の選び方

20代後半に差し掛かった頃から、口元のしわや顔全体のたるみが気になるようになりました。

 

最初はいつもより保湿をしっかりしたり、パックやマッサージで直っていたのですが、気が付いたら定着してしまっていました。

 

昔からお肌が弱く、顔に付ける化粧品はお肌に優しい無香料、無着色、天然由来の物を使用してきましたが、しっかり保湿だけしていても改善しないということを身をもって実感したので、優しさ重視から効能重視に変えました。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は体内の水分を保つ性質があり、これらが減少すると老廃物が排出されにくくなり、お肌にも影響が出ます。

 

また最近よく聞くプラセンタですが、胎盤から抽出したエキスのことで、新しい細胞を作り出す効果や成長因子として期待されています。

 

シワやたるみが気になりだして間もない初期段階であれば、水分を留めておけるようにするヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧水をしっかり付ければ大丈夫ですが、それでも改善されない場合は、ヒアルロン酸配合の化粧水に変えた方がいいでしょう。

 

保湿を謳っている化粧品では、どれも配合されていることが多いですが、特化した化粧水を選ぶようにしましょう。気になりだしてからではなかなか効き目が薄いので、事前に予防しておくことをおすすめします。