目元の小じわの対処法

目元の小じわの対処法

目の周りの皮膚は薄く乾燥しやすいので、ちりめんじわや小じわが出来やすいです。他に小じわが出来やすい原因は、アイメイクを落とす時に使うメイク落ちが良いクレンジング等が、目の周辺の薄い皮膚にダメージを与えている場合があります。

 

普段のスキンケアによって、目尻や目の下にシワが出来やすくなります。目元への紫外線の影響の強さも関係して、目元の皮膚は卵の薄皮くらい薄いため、紫外線や外部刺激の影響をとても受けやすいです。ハリを保つコラーゲンやエラスチンが破壊されやすいので、小じわが出来やすいのです。

 

普段から出来る目元のケアの方法は、蒸しタオルを使用したり市販のホットアイスマスクを使って目元の皮膚を温かく保湿を行う事です。更に目元のコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞をケア出来るレチノール等が入ったアイクリームや化粧品で、スキンケアを続けて行っていくようにする事です。

 

目元の皮膚の保湿力がアップして、たるみやシワを予防する事が出来ます。目元のケアを実現するには、目元専用のエイジングケア化粧品を使うのがお勧めです。洗顔は優しく行う事で、ごしごしと強くこすってはいけないです。保湿ケアを重視して、保水力を高める成分でケアを行います。

 

 

口元のしわやほうれい線の対処法

ほうれい線は深いシワと思われるが、実際には頬のたるみが原因です。頬のたるみからくるフェイスラインの崩れや二重顎等も顔の表情筋が衰える事で出来やすいので、エイジングケア化粧品でケアを行いながら口輪筋を鍛えていきます。

 

唇を尖らせたり、意識的に口角を上げたり口の周りをマッサージします。口笛を吹く等も口の周りの筋肉も鍛える事が出来て、シワやたるみの予防や改善が出来ます。肌の保水力を上げてしっかりと潤すようにする事が大切で、頬や口周りのたるみを解消する事がシワを消す秘訣になります。

 

線維芽細胞の活性化をする事が、口の周りの解消を行う事が出来るポイントです。繊維芽細胞とはコラーゲンやエラスチンを新たに生み出す働きのある大切な細胞の事になり、活性化させるためにはビタミンCが効果的に肌に浸透していきます。

 

高濃度のビタミンCが配合されている化粧品を選んで、使用する事が大切です。ほうれい線にはコラーゲンやエラスチンが劣化する事で出来て、紫外線等の外部刺激が原因で劣化しやすいです。紫外線に当たりにくいように、日焼け止めを塗ったり外に出る時には長袖を着たりします。

 

外はもちろん、家の中でも紫外線に浴びるので注意が必要です。