2種類のコラーゲンが働きかけてくれる

2種類のコラーゲンが働きかけてくれる

コラーゲン化粧品「ナノアルファ」は肌と同じコラーゲンで作られているので、肌への浸透率が良く、
まるで吸い込まれるようにスッと肌に伸びて、潤いを与えてくれます。

 

ナノアルファに使われているコラーゲンはどういったものなのかと言うと、
生コラーゲンと肌の奥までコラーゲンを届けられるようにしたナノコラーゲンの2種類のコラーゲンを配合しています。

 

肌の奥まで届くようにコラーゲンのサイズを最小化させたことで、年齢を重ねるごとに増えていく肌の悩み改善に働きかけてくれます。
特に、ハリ不足による肌悩みの改善に役立ててくれます。

 

生コラーゲンとナノコラーゲンがダブルに働きかけてくれることで、年齢肌による乾燥の改善に効果的に働きかけ
潤いを与えてることで、肌トラブルの軽減にもつなげてくれます。

 

こうした2つのコラーゲンの働きによって、よりコラーゲンが持っている肌の水分を保ってくれる効果を高めて
乾燥による肌トラブルを防止し、改善してくれます。

 

コラーゲンがダブルで働きかけてくれることで、より肌に潤いを与えやすくし、プルプルでモチモチの肌を目指すことができます。
コラーゲンが肌の奥まで浸透してくれるので、表面だけでなく内側から肌の潤いに働きかけてくれると言えます。

 

 

肌にコラーゲン 少しだけ難しいお話です

「コラーゲンは肌にいい」このフレーズ、よく聞きますよね?
でも、その理由まで気にしている人は、あまり多くないと思います。

 

そもそもコラーゲンは、肌の表面(表皮層)にはありません。表皮層の更に奥、真皮層に存在しています。
真皮層はコラーゲンのみではありませんが、その7割に達します。

 

また肌には、体の中を守るバリアとしての役割もあります。
そのため大抵の物質は、肌の表面でブロックされます。

 

具体的には、分子が大きい物質は通さない様になっているのです。
これまでのコラーゲンでは分子が大きく、真皮層には届きませんでした。

 

ただ、コラーゲンは保水力が高く、肌の表面に水分を留めておけるので、表皮層には効果があります。
でも、どうせなら表面だけでなく、肌の奥まで労りたいですよね。

 

肌の表面は保湿し、肌の内側も癒したい…そんなワガママを叶える化粧品があります。
それは、ニッピのナノアルファです。
保水力の高いコラーゲンで表皮を保湿、そしてナノコラーゲンを真皮層に!
また、特筆すべきはコラーゲンの構造です。

 

通常は加熱処理でコラーゲンの構造が分解されていますが、ナノアルファは、肌のコラーゲンと同じ三重らせん構造を保っています。
あれ?「加熱されてなくて、大丈夫?」と思いましたか?

 

ナノアルファは製造過程に当然滅菌作業がありますが、後の工程はクリーンルームで行われます。
医薬品と同レベル、と言えば安心して頂けるでしょうか(空気中のチリなどは機械で監視しています)。

 

また、製造期間は三ヶ月、コラーゲンの抽出だけで三週間をかけています。
効果の裏付けと徹底した衛生管理。ニッピのナノアルファ。ぜひオススメ致します。

 

⇒スキンケアクリーム ナノアルファを試してみたい人はこちら